手持ちの不要な中古ギターを売りたいという時、そのギターの価値がどの程度あるかによってベストな対応も異なってきます。

例えばマイナーなメーカーによる新品価格数万円程度までの廉価モデルの場合、幾らギターの目利きに長けているギター買取専門ショップに依頼しても大した査定額の上がり目は見込めないもの。

業者間の査定額の変動も少ないですから、下手に手間暇を掛けるよりかは交通費の掛からない身近なリサイクルショップに持ち込み手早く買い取って貰った方がお得と言えるでしょう。

一方購入価格が数十万円以上という一流メーカー製もしくはそのビンテージモデルの場合、その価値を正確に判断しそれに相応しい査定額を付けてくれる、ギター買取専門ショップに依頼した方が断然良いでしょう。

現物をショップに直接持ち込んだり、あるいは出張買取を依頼したりすれば、査定額の根拠となったギターのコンディションや来歴、モデルとしての評価に関する詳細な説明もして貰え、今後ギターを買い替える上で大きな参考となってくれるかも知れません。

ギターは趣味性が大変強く、お気に入りのモデルならどんなにお金が掛かっても手に入れたいという熱狂的なファンも多いですから、一流メーカー製やビンテージモデルなら多少古く、また若干の汚れや傷が付いていても高値で買取して貰えるチャンスが高いのです。