食品会社および食品加工会社は原材料を厳選することはもとより、容器包装についても見極めて選択しなければなりません。
環境に配慮したパッケージが消費者に好印象を与えるという安易な発想ではなく、リサイクル率の高い容器の利用によって社会貢献する意識が大切ではないしょうか。
容器包装関連企業で環境に配慮した製品作りをされている会社のひとつに生駒化学工業があります。
こちらの会社では、いくつもの大型生産設備を導入し、商品によって生産方法を区別されています。
複数の溶かした原料を層状のシート状にして、成型金型によってプレスされる方法は、遮光性やガスバリアなど複数の機能を合わせ持つ多層構造の製品を作る場合に適しています。
一方、溶かした原料を型に充填し冷却して仕上げる製品は、精密な形状を形作ることが可能で、射出成形と呼ばれています。
食品会社や食品加工会社は容器に対して保存性や安全性、軽量さや低コストを求めがちです。
生駒化学工業では、その要望に応えると同時に、環境に配慮した製品作りがされています。