1年の間、ほぼ毎週末に開催されているのが競馬です。
ですから、月曜日には各地で行われた競馬についての様々なニュースが流れてきます。
好きな人は、専門サイトに行って随時チェックしていることでしょう。
かくいう私もその中の一人なのですが、ここからは私が過去に気になったニュースをピックアップしていこうと思います。
それは2014年8月9日の小倉12Rでルベーゼドランジェが3歳以上ダート1,000mでのJRAのレコードタイムを更新したことです。
ちなみにタイムは56秒9で、これは2006年7月15日にデンコウグラスが小倉競馬場でだした57秒1という記録の更新で、実に8年ぶりの快挙となりました。
これが8年ぶりの記録更新だったので、当分はこういったことはないだろうと思ったら、なんと今年2015年5月31日の第82回 東京優駿(日本ダービー)で、ドゥラメンテが、レースレコードを出し二冠を達成してしまったのです。
2,400mを2分23秒2という記録なのですが、これは、父馬であるキングカメハメハの記録を0秒1更新したものです。
親の記録を子が塗り替えたというのも興味深いことですが、二冠というのも凄いですね。
ドゥラメンテは間違いなく記憶に残る馬になったというわけです。

このホームページにも情報があります