新聞やニュースなどで日本の大手企業同士、あるいは日本企業と海外の大手企業とのM&Aに関する報道は定期的に取り挙げられます。
活発化する企業再編の流れもありM&Aは大手企業だけの問題ではありません。
近年では中小企業同士も互いに手を組んで他社との競争に打ち勝つ為、M&Aという手法を選択します。
しかし、ここで問題となるのは果たして合併がうまくいくのか?という問題です。
過去にも大型案件として世間をにぎわせたM&Aの失敗例も多数あります。
ましてや、大手企業ほど他社に対する分析力がない中小企業はどのように成功させていくのか。
彼の会社はM&Aアドバイサリー事業を手掛けている会社です。
代表の彼自身も多数の案件を手掛けて実績があります。
経営がうまくいっていない中小企業の方、あるいはより企業価値を高める為に、合併先の企業を探している会社の代表の方はこういった専門化のアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。